不動産買取について

不動産の買取についてご説明いたします。

オーナー様へ

不動産売却の流れ

不動産買取について

任意売却について

任意売却とは
債務者が住宅ローン、借入金の支払いが困難になった場合、債権者が、担保不動産を差押え、不動産競売の申立てをします。その不動産を競売で売却するのではなく、不動産所有者と各債権者の合意のもと、競売よりも有利な条件で売却することを言います。
その際に、競売の開札期日の前日迄に競売を取り下げ、任意売却することができます。
弊社が不動産所有者と各債権者の間に入り、所有者、各債権者、合意のもと売却を成立させます。
任意売却は競売より有利です
任意売却は、競売よりも短時間で問題を解決することが可能です。
また少しでも高い価格で売却することができれば、債権者へより多く返済することが可能です。競売で落札されてしまう前に、所有不動産を一般の不動産市場で売りにだして、市場価格により近い価格で売却を試みるのが任意売却です。
任意売却のメリット
 1) 市場価格に近い金額で売却できる。
 2) 自分で引越しの時期を決めることができる。
 3) 返済をできなかったことを近隣に知られない。
 4) 次のスタートが前向きに切れる。
任意売却の業務
任意売却の業務は、ただ単に不動産を売却すればよいというものではありません。
債務者(所有者)の将来の生活設計を含めた大事な問題を扱う業務です。慎重にまた失敗することがないように、取り扱う必要があります。その業務には、より多くの経験と知識が要求されます。ケースによっては、弁護士・司法書士などの各専門家の協力が必要となります。
ただし、一概に弁護士・司法書士と言っても、任意売却を取り扱ったことがない不動産会社が多く存在するように、専門分野が異なる方が存在しております。
どの専門家に協力を依頼するのが、一番よいかを判断することが必要です。また、任意売却後に残ったローンの支払いにかんして、ご相談者が新たなスタートを切れるか、支払い可能な返済額で債権者に応じてもらえるかが大事なポイントです。
その点をうまく調整できることも、不動産業者の交渉経験によって大きく変わります。
弊社は、銀行保証会社から、依頼を受けて、多くの任意売却業務を行っております。
任意売却の業務は、経験と知識が必要となります。 住宅ローンでお困りの方は、是非ご相談下さい。
お知らせ